Column

HENRY CUIR meets 公長齋小菅 〜さざ波・透かし網代〜

竹と革。日本とイタリア。2つの国の伝統の職人技が出逢ったら・・・

HENRY CUIR が出逢ったのは 「公長齋小菅」

 

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に創業した竹製品ブランド。

丁寧に編み込まれたかごバッグやインテリア雑貨、キッチン用品など、美しい日用品をたくさん世に生み出してこられました。その作品のひとつひとつから、「繊細」や「丁寧」といった、日本人が古くから大切にしてきた感性が感じられ、使うことの嬉しさはもちろん、使い手の心の中にも豊かさを届けてくれる、素敵なものづくりをされています。 

 

 

 

観賞用ではなく、使われることや身につけることを前提とした美しさを持ち合わせ、暮らしと共に経年変化で育っていく…「用の美」の思想は、国や素材は違っても、HENRY CUIR にも深く通じるところがあります。

 

 

 

 

写真はかごバッグの底面。バッグの角の部分にご注目。

長く愛用頂くことを想定して、丈夫にそして何より美しい手仕事が施されています。

また、製品の形が完成した後、2〜3回に分けて漆を塗り色をのせていく過程がありますが、
この漆塗りもまた、耐久性を高めると共に経年変化で艶を増す竹素材を楽しむための下準備でもあります。

こうして、次の世代に受け継がれていく為の念入りな準備、工程を経て、人々の手に渡っていく公長齋小菅…

時代を越えて、たくさんの方に愛されている理由がそこにあります。

 

公長齋小菅のものづくりへの想い、その拘りを知れば知るほど、

私たちHENRY CUIR と相通じるものがあり、今回のコラボレーションは出逢うべくして出逢ったような…

必然の出逢いであることを感じずにはいられませんでした。

 

HENRY CUIR meets 公長齋小菅

 

 

日本が誇る伝統の職人技、公長齋小菅の竹かごをベースにHENRY CUIR ならではのユーモアと手仕事を加え、

唯一無二のスペシャルなバッグが出来上がりました。

7月7日(金)より、青山本店・京都店・ジェイアール名古屋高島屋店にて発売スタート。

ひと足お先にその詳細をご紹介させて頂きますね。

(作品は全て1点ものです。店舗によりお取り扱いが異なりますので、ご了承下さいませ。)

 

まずは「さざ波」をイメージした編み目のかごバッグ。

ベースは同じデザイン。そこに異なるアレンジを加え、個性豊かに仕上がりました。

 

@さざ波長角(茶) \138,000+tax
かごサイズ 26×17×10cm
sold out
自然素材使用のため、仕上がりのサイズ・色・形など、多少の誤差が生じる場合がございます。
あらかじめご了承ください。
 

 

かごの形はシンプルな長方形型。長財布もすっぽり入るサイズです。和のイメージが強い竹かごですが、さざ波長角シリーズは、どことなく洋のイメージも。

 

フタは取り外し可能です。

フタを取るとシンプルなカゴバッグに早変わり。

 

その他の写真はこちらから→ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aさざ波長角(茶) \138,000+tax
かごサイズ 26×17×10cm
sold out

 

ふたつきの別バージョン。こちらは取り外し不可です。アンティークビーズの留め、ステッチ、そしてハンドルの細工などにHENRY CUIR ならではのデザインを施しました。

 

その他の写真はこちらから→ 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bさざ波長角(茶) \138,000+tax
かごサイズ 26×17×10cm
sold out

 

 

丸いフタを合わせたら…

とっても新鮮!!!

 

フタとかご本体には、HENRY CUIR の作品には欠かせないウッドビーズが施されて、控えめながら彩りが添えられ可愛らしい仕上がりに。フタは取り外し可能です。

 

 

その他の写真はこちらから→ 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いては、透かし模様の編み目が涼しげな網代小判シリーズから。

透かし網代編み(すかしあじろあみ)のかごは、網代を一定の間隔をあけて編むことで美しい網目が生まれます。

マチが広く出し入れもしやすい、ふくらみのあるかご。

丸みのあるかごは収納力があり、軽さとなめらかな手触りが特徴です。

 

 

 

C透かし網代小判 ¥148,000+tax

かごサイズ 30.5×16.5×15cm

sold out

フタを取り外すとまた違った雰囲気に。

お気に入りの布や巾着を入れて

アレンジしてみるのもお勧めです。

その他の写真はこちらから→ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

D透かし網代小判(ショルダー) ¥148,000+tax

かごサイズ 30.5×16.5×15cm

 

 

かごバッグをショルダーバッグの仕様にしてしまうところはさすがアンリ!常識に捕らわれず、自由な発想で生まれたショルダータイプのかごバッグ。ショルダーは長さの調整も可能です。

 

その他の写真はこちらから→ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

E透かし網代小判 ¥148,000+tax

かごサイズ 30.5×16.5×15cm

sold out

スタッフ一同釘付けになったのがこちら。

きのこのようなそのフォルムに、思わず笑みがこぼれます。

見れば見るほど、愛おしくなってくるユニークな形。

その他の写真はこちらから→ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

F透かし網代小判(sakana)¥153,000+tax

かごサイズ 30.5×16.5×15cm

sold out

 

そして・・・

大人気、お魚シリーズも。

 

楽しみながら作っている、アンリや職人たちの顔が浮かんでくるよう。とびきりキュートな作品に仕上がりました。

 

その他の写真はこちらから→ 

 

ひとめ見ただけで、上質さが伝わってくる公長齋小菅の竹かご。

そして独創的なHENRY CUIR のアレンジ。

ここにしかないスペシャルなバッグです。

 

作品の紹介はまだまだ続きます。

お楽しみに。